【交渉力を磨く5つのコツ】評価されるビジネスパーソンの交渉術

常に冷静に対処しろ!

 

交渉の現場では、あなたが相手を
説得する必要があるわけですが、、、

 

逆に、相手もあなたのことを
自分に有利なように誘導しようと
たくらんでいます。

 

 

自分が仕掛ける側とは限らず、、、

 

じつは、自分が仕掛けられていることが
意外とありえるわけです。

 

 

常に冷静に対処しろ!

 

 

交渉の現場で一番大切なことは、
頭の中を冷静に保つことです。

 

こちらがお願いする立場だと、
相手も調子に乗って大柄な態度を
とってきたりします。

 

 

そういうときに、いちいち頭に
血が登っていては、いい交渉が
できるはずがありません。

 

 

相手は相手の戦略で、自分に有利な
落とし所を探っているわけで、、、

 

相手の出方を冷静に観察しつつ
こちらのペースに誘導することに
集中する必要があります。

 

 

ありがちな失敗をするな!

 

 

交渉の現場でありがちな
失敗をまとめておきます。

 

 

相手の名前を間違えるな!

 

 

一番最悪なのが、相手の名前を
間違えてしまうことです。

 

 

交渉の第一歩が、相手との
信頼関係を築くことですが、、、

 

名前を間違えるというのは、
信頼関係を大きく崩してしまう
要因になってしまいます。

 

 

あおられてウソを言うな!

 

 

例えば・・・

 

「おたく、こんなこともできないの?」

 

↑↑↑

 

こんな感じの横柄なことを言われたとき、
できないことはできないと言ったほうがいいです。

 

できもしないのに、できますなどと
見栄を張るのは危険だと思います。

 

 

見栄を張るだけならまだしも、
ウソまでついてしまうことは、絶対に
避けるように気をつけましょう。

 

 

本筋から離れた議論をするな!

 

 

相手は相手の戦略で、
自分に有利になるように話を
組み立てようとします。

 

そのため、あえて本筋を外した
議論をふっかけてくることもあります。

 

 

そこで・・・

 

 

そういう相手の戦略があることを
あらかじめ頭に入れておいて、、、

 

冷静に対応することが大切です。

 

 

本筋から離れてるなと感じたら、
すぐに本筋に戻すようにしましょう。

 

 

挑発に乗って興奮するな!

 

 

ひとつだけ重要なことを言うとしたら、
とにかく挑発に乗って、興奮するなと
いうことに尽きます。

 

 

ビジネスパーソンとしてのスタンスは、
冷静に状況を判断・分析して、、、

 

ビジネスを自分に有利になるように
進めていくことです。

 

 

感情的になって、冷静な判断が
できなくなってしまったら、欲しい結果を
得ることは難しくなります。

できるビジネスパーソン必携!

→ コチラ