【交渉力を磨く5つのコツ】評価されるビジネスパーソンの交渉術

数字を活用してイメージを明確にしろ!

 

相手に何か行動を起こして
もらうためには、、、

 

相手の頭の中に、明確な
イメージが描けている必要が
あります。

 

「何をするのか?」
「どのくらいの時間がかかるのか?」
「結果、どうなるのか?」

 

↑↑↑

 

最初から最後までの
イメージを描けなければ、、、

 

今すぐやってみようという
気にはなりません。

 

 

交渉するときには、相手に
イメージさせることを意識する
ことをおすすめします。

 

 

具体的な数字が武器になる!

 

 

相手にイメージしてもらうためには、、、

 

話の中に、具体的な数字を
盛り込みながら話すことが大切です。

 

「たった3つだけやればOKです!」
「たった3ヶ月でOKです!」
「A社は10%売上が伸びました!」

 

↑↑↑

 

ちょっと例が良くないかも
しれませんが、、、

 

ようするに、話をするときに、意識的に
数字を盛り込むようにするわけです。

 

 

数字を適度に盛り込みながら
話をすると、、、

 

話がグッと具体的になって、相手の頭の中に
イメージが浮かび始めるわけです。

 

 

ポイントとなる数字を覚えておけ!

 

 

交渉の現場で、スラスラと数字が
出てくると、説得力が増します。

 

 

逆に・・・

 

 

その場で数字があいまいで、、、

 

資料をかばんから取り出したりして
いるようでは、説得力がありません。

 

 

ポイントとなる数字は、
あらかじめ全力で暗記してから
交渉に臨むべきです。

 

 

そして・・・

 

 

ポイントとなる数字は、
何度も繰り返すようにすると
なお効果的です。

 

1回目・・・相手が「ああそんなものか」と思う
2回目・・・相手が数字を記憶する
3回目・・・相手が話を信じる

 

↑↑↑

 

ポイントとなる数字は
最低3回繰り返すことを
意識しましょう。

できるビジネスパーソン必携!

→ コチラ